Vine Linux 6.1 (Pape Clement) について

Vine Linux 6.1 は Project Vine および多くの協力者によって開発が行われている Linux ディストリビューションです。
Vine Linux 6.1 は、前バージョン(Vine Linux 6 (Haut Brion)) の マイナーバージョンアップ版で、多くの点が改良されています。

Vine Linux 6.1 は、Gnome デスクトップ環境を最小構成でインストールできる CD エディションと、 開発陣おすすめのパッケージをまとめた DVD エディションが提供されます。 どちらも USB メモリからインストーラを起動することもできます。

Vine Linux 6 からの変更点

Vine Linux 6.1 では、Vine Linux 6に対して以下の変更が行われています。

パッケージのアップデート

  • Kernel 3.0.38 に更新
    長期サポートバージョンの最新版である 3.0.yに更新しました。
  • Firefox 14.0.1 に更新
  • Thunderbird 14.0 に更新
  • Sylpheed-3.2.0 に更新
  • pidgin-2.10.6 に更新
  • Mozc 1.5.1090 に更新
  • Ruby 1.8.7.370 に更新
  • xorg-x11-drv-intel
    SandyBridge(3D)/IvyBridge(2D)に対応 など
  • xorg-x11-drv-ati を更新
    新しいハードウエアに対応
  • dovecot-2.0.21 に更新
  • postfix-2.8.10 に更新
  • MySQL 5.1.63 に更新
  • postgresql-9.0.7 に更新
  • その他各種パッケージ更新

パッケージの新規収録(DVDのみ)

  • LibreOffice 3.5.5 を収録
  • Adobe Flash Player 11.2を収録
  • Adobe Reader 9.4 を収録
  • OpenJDK-1.6 Runtime(LibreOffice用)
  • MPLUS OUTLINE FONTS
  • 青柳衡山フォント

Errata の適用

Vine Linux 6.1のリリースまでに発行されたErrataは予めすべて適用されています。

その他

  • usb-storage を initramfs で常にロードするように変更
  • インストーラ収録のドライバ類を 3.0.38 に合わせて更新

Vine Linux 6 について

前バージョンおよび共通の情報については、 Vine Linux 6 について を参照してください。

システム要件

Vine Linux 6 は Intel 互換 CPU の 32 bit バージョンと、64bit バージョンが提供されます。
全パッケージが、i686アーキテクチャに最適化されています。このため Classic Pentium 以前のハードウエアでは動作しません。 また、PPC (PowerPC 搭載 Macintosh) バージョンはリリースしません。

i686 (32bit) バージョン

CPU
i686の命令セットをもつ CPU (VIA C3 を除く Pentium III 以降を推奨)。
Gnome デスクトップを利用するなら 1GHz 程度が目安となります。

x86_64 (64bit) バージョン

CPU
64bit 対応の AMD64 または Intel64 アーキテクチャのCPU (Athlon64,Phenom,Opteron,Core2,Core i7,i5,i3など) 。

i686、x86_64 共通

メモリ
1GB以上推奨 (X 利用時)
HDD
  • 最小構成(ベースシステム)で 1GB 程度
  • CD エディションフルインストールで 2GB 程度のインストール領域
  • DVD エディションフルインストールで 12GB 程度のインストール領域
動作確認されたハードウエア
http://trac.vinelinux.org/wiki/HardwareInformation/Vine6

サポート・免責

Vine Linux 6.1 は製品版と違い、サポートサービスを付属しておりません。
何らかの問題が起こった場合、質問などがある場合は、BTS や vine-users ML などへご投稿をお願いします。必要であれば、サポートサービスのみをご購入いただくことも可能です。

Vine Linux に含まれるソフトウエアに何らかの問題が発生した場合は、個々の問題に利用者ご自身で対応していただきます。Project Vine を含む開発者、販売者およびその他のいかなる関係者も一切の責任を負いません。 個々のソフトウエアのライセンスなどに問題が発生した場合は、それぞれのライセンスや契約に従ってください。


  • ドネーション

    Vine Linux を支援
  • スポンサード リンク